ジュリのリュウ対策【ストリートファイター6 ジュリ】

ジュリのキャラ対策メモ

ジュリのリュウ対策の記事になります。よろしくお願いします。

基本的な考え方

立ち回りの基本ですが、リュウよりも長い屈中Kを当てに行く事を狙います。それと相手が中距離で様子見している時に歳破掌を撃って自分の有利な状況を作っていきます。

リュウは中距離で波動拳を撃ってくると思いますが、波動拳はパリィか前ジャンプをしたいです。試合の最初の方に相手の弾を撃つタイミングやパターンを見極めてから前ジャンプは狙いたいです。できればパリィをしながら無傷で見極めたいです。飛びが通れば大ダメージ、通らなくてもリュウ側が飛びを警戒する事になるので、こちらの前歩き屈中Kや歳破掌が撃ちやすくなったりします。

遠距離で前ジャンプを置いておくのも強いです。波動拳が出ていれば疾空閃をだし、波動拳が出ていなければ何もせずに着地します。

波掌撃の有利フレームに注意する

波掌撃をガードした後のフレームは弱と中はリュウ側が不利、強とOD版はリュウ側が有利と覚えておけば大丈夫です。ただ、竜巻旋風脚(弱)の後に波掌撃(弱)を重ねると持続当てになり、リュウ側が+2の状況になるというネタがあるので、そこだけ注意が必要です。

上段足刀蹴りの対処方法

上段足刀蹴りはめり込んだ場合に確定反撃があります。

めり込んだ場合の確定反撃は(弱版)は立強P、(中版)は屈中K、SA1(強版)は立弱Kです。

ただ確定反撃はあるのですが、上段足刀蹴りは先端当て狙いでリュウ側が撃ってくることがほとんどで、確定反撃を使う場面は以外と多くなかったりします。先端当てをされた時に手を出すと屈強Kでさしかえされたりしてしまいます。上段足刀蹴りをガードさせて前ジャンプをしてくるリュウはほぼほぼいないので、先端当てガード後に歳破衝をうってラッシュで突っ込むであったり、少し後ろに下がって風破刃をためるなりするのがいいと思います。

ジャストパリィを狙うポイント

リュウの前強Pの後はジャストパリィが狙いやすいです。ガードした後に投げ間合いではなく、距離が離れる+3なので、リュウ側の選択肢として打撃を選びがちになります。

リュウに対する確定反撃集

無敵技

昇竜拳(OD)

ラッシュ前強Pで確定反撃をとりたい。少し難易度を下げたければ垂直ジャンプ強K→前強P、もしくはラッシュ屈強P、一番簡単なのが立中Pです。

真空波動拳(SA1)

パリィ→ラッシュ前強Pで確定をとります。

真・波動撃(SA2)

パリィ→ラッシュ屈強Pで確定をとります。

真・昇竜拳(SA3)

パリィ→ラッシュ前強Pで確定をとります。

通常技と必殺技

竜巻旋風脚(弱、中、強)

全てガード後、もしくはしゃがみガードですかした後に立中Pで確定をとります。

屈強K

リュウの屈強Kをガードすればジュリの屈強Kが確定します。屈強Kを近い距離でガードした場合は立強Pが確定して大ダメージを与える事ができます。

キャラ対策の記事は何か発見次第アップデートしていく予定です。これからもよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました